禁煙したい方にもおすすめ!vapeの魅力あれこれ


ニコチン、タールがゼロのタバコ

vapeとは、電子タバコの一種です。フレーバーの付いたリキッドを電気の熱で気化させて煙を吸うもので、日本でもその人気は高まりつつあります。その魅力の一つに挙げられるのは、ニコチンやタールが一切含まれていないことです。一般的なタバコにはニコチンとタールが含まれており、その成分の影響で喫煙者はもとより周りにいる人にまで健康被害を及ぼす恐れも指摘されていますよね。ですが、vapeは吸う本人や周りの人の健康を害すことなく楽しめるアイテムなのです。また、人にもよりますが使用回数によっては、節約にも繋がりますので経済的とも言えます。

豊富なフレーバーを楽しむ

そして、vapeの特徴として挙げられるのはフレーバーの多さで、数種類のフレーバーから気分に合わせて好きなフレーバーを楽しむことができます。その豊富な種類にはマスカットやオレンジなどのフルーツ系やコーヒー味などがあり、タバコ味も存在しますので、まさにタバコを吸っている感覚と同じ気分を味わえます。また、煙が比較的多く発生するため吸いごたえがあり、禁煙を考えている方にもタバコに劣らない満足感は禁煙への第一歩にできるかもしれません。

ただし、想像以上に煙が出ますので、周りにいる人は一般的なタバコと同様、普通に嫌がられることもあります。いくら害が無いからと言って、全ての人がそのことを理解している訳ではありませんので、外でvapeを使用する時は注意しましょう。ちなみに、見た目はタバコですので、禁煙席での喫煙は勿論不可、喫煙所を探して吸う方が無難です。

清潔を保てるアイテム

また、vapeは電気の熱を利用して煙を吸うため、灰が発生することはありません。一般的なタバコは吸うたびに灰をポンポンと、灰皿に落とす必要がありますが、vapeではその手間もかからず、灰を部屋にまき散らす心配もなく清潔です。ニオイも発生しませんので、例えば部屋の壁や家具などがヤニで汚れることもなく、服もタバコ臭くならずに済みます。勿論、手指にもニオイが付かないため、人に接する時も気にする必要はありません。

ですが、電子タバコの健康被害については確かな研究結果が乏しく、リキッドに含まれている成分にアレルギー反応を示す方もいます。それでも、一般的なタバコと比べてvapeの害は少なく、海外の製造過程が不明なリキッドを使用しない限りは安全性は高いです。何より、副流煙で周りの人に迷惑をかけずに済むので、タバコの害が気になる方や禁煙を決意している方はvapeから始めて見てはいかがでしょうか。

vapeのおすすめはデザインです。カラーや形だけでなく時計や充電量を表示できる電子パネルを搭載した豪華な仕様があります。