お弁当に欠かせない「ゆで卵」!便利なゆで卵に関するキッチン雑貨を紹介します!


ゆで卵の殻むきが簡単になるグッズです

ゆで卵に関するキッチン雑貨の一つ目が、ゆで卵の殻むきを簡単にするキッチン雑貨です。ゆで卵を作って殻をむく時に、殻にゆで卵の薄皮などがついて、上手にむけないことがあります。この状態を防ぐためには、卵の殻の下部を少しだけ割るといいです。しかし、この方法は力加減が難しく、下手をすると卵が割れてしまいます。そこでキッチン雑貨の出番となります。

ゆで卵を機器の上に置き、下に押し付けると機器から針が飛び出して、ゆで卵の下部に小さな穴をあけてくれます。このキッチン雑貨を使ってから卵を茹でると、むきやすいゆで卵を作れます。「卵」「殻むき」などとECサイトで検索するとこのキッチン雑貨が見つかりますので、興味がある人は探してみてください。

ゆで卵を綺麗な輪切りにできるグッズです

次に紹介したいゆで卵のためのキッチン雑貨が、むいたゆで卵を綺麗な輪切りにするグッズです。例えばサラダにゆで卵を乗せる時、綺麗な輪切りのゆで卵があると美しいサラダを作ることができます。お弁当にサラダを持っていく時にも、綺麗な輪切りができている方が素敵です。しかし、包丁でゆで卵を輪切りしようとすると、包丁に黄身がついてしまい形が崩れてしまうことがあります。

そこで使って欲しいのがゆで卵を綺麗な輪切りにスライスするキッチン雑貨です。ゆで卵を機器のくぼみに載せた後、5本程度の金属でできた糸で、綺麗に輪切りにする事ができます。誰にでも簡単に扱えるため、料理初心者にもおすすめです。ECサイトでも探すことができますし、100円ショップでも見つけることができます。

ゆで卵をレンジで作れるようにするグッズです

最後に紹介するキッチン雑貨はゆで卵をレンジで作るためのグッズです。ゆで卵を作る時に、お湯を沸かして卵を入れて茹でる人がほとんどだと思います。しかしゆで卵をお湯で作ると、どんなに速くても7分以上はかかります。水から茹ではじめれば10分はかかります。朝の10分は貴重です。また、キッチンのコンロの数が少ない場合は、ゆで卵を作るためだけに一つのコンロと鍋を占領することになり不便です。お弁当作りをはかどらせるためにも、レンジでゆで卵を作れるグッズは便利なはずです。

ゆで卵をレンジで作るためのキッチン雑貨は、小さな蒸し器のような仕組みになっています。水を入れた容器に卵を入れて、ふたをしてレンジに入れるとゆで卵が作れるという仕組みです。このキッチン雑貨を使っても10分程度の時間がかかりますが、レンジはタイマーをセットすれば放置しておけばいいため、他の作業に当てられます。朝が忙しく時間がない人ほど、このキッチン雑貨を使ってみてはいかがでしょうか。

毎日手の込んだ料理をするのは大変です。忙しくて簡単なものしか作れなくても、お洒落なキッチン雑貨に料理を盛れば、見た目も華やか、食事の時間が楽しくなります。